2017年3月23日木曜日

絵にマグレはない

微妙な絵は「こう描いた」じゃなくて「こう描いちゃった」。
描いてるうちにわけがわからずに知らぬ間にこうなってしまった。 
手間暇かけた分自分の絵を良い方に解釈するが見る側がマグレで良い方になんか受け取らない。
 下手或いは迷いながら描いたことがもろバレ。 
これは一枚の絵も1人の人生も同じ。 
明確なビジョンと日々の実行。

自分の形にしたいイメージがあり、それを形にするために絵の練習がある。 
これは裏を返せば自分の形にしたいイメージがない人がいくら練習しても意味がないとも言える。 
練習はあくまで描きたいイメージの具現化のためにある。 
アニメーターと漫画家とイラストレーターは練習方法が違う。

アニメタでも演出志望とキャラデザ志望で違う。 
そのイメージは具体的であればあるほど練習が具体的で良い。
 誰々みたいに上手くなりたいというのがその中で一番わかりやすい。 
もっとすごい人は誰々の〇〇作品の何話風まで明確に真似する。 

0 件のコメント:

コメントを投稿

Q、以前、大学生の方を一から育て上げたメソッドをご教授ください。

Q、以前、大学生の方を一からアニメーターに育て上げたメソッドの、練習の順序をご教授ください。(某村参加者) A、電脳コイルの模写、トレス、ポーズ創作、空間レイアウト。 …その時の内容のより完成度の高い課題が現在のプロ養成コースになります。しかしその学生は1日8時間、毎日、半...