投稿

2月, 2016の投稿を表示しています

30分練習法で習慣作り

レイアウト、構図が上手く描けません!!
よく聞く話ですがそういう人は簡単に言ってそういうことに今の段階で興味がないから上手くない。  なんでも数です。  上手い人は日頃からありとあらゆる映像の見方が・・・ 構図は?カットつなぎは?自分ならどう描く? など興味の持ち方が違います。
僕も新人動画マンの頃全然線が引けませんでした。  自主制作時代から線よりも映像の構成やむしろサークル運営など組織論そのものに興味があったからです。 しかし苦手な線も上手くなれば絵の精度が上がり自分の得意分野を強化し始めました。 苦手はただ数をこなしてないだけ。 数をこなせば得意になります。

レイアウト、構図が苦手な人は・・・  1日30分でも好きな映像のフレーム有り模写をしてみては?  この練習の良いところは構図そのものに加えて次に何を描こうかという視点で世の中の映像を素材として見始めるようになること。  実はアニメ私塾の課題も全部そうできてるけどみんなそう見てるかな?

人、椅子、机、部屋、自然、街などが描けない・・・ のは数をこなしてなければ当然なんですよ。  大事なのは次のステップでそれらの観察眼を強化すること。  描けない、悔しい、どうなってるのか? と日頃からよくみる。  課題は課題、仕事は仕事、絵は絵の人は進歩が弱い。  現実とのリンクが大事!!

30分練習法のいいところ。  描き始めたら30分で済むと思いますか?  つい楽しくて時間の許す限り描いてしまう。  大事なのは逆に言えばどんなに不調でも絶対に30分描く癖を作る。 絵の不調は絵で治す。  自分の絵でもってやる気を奮い立たせます。

日曜日だけで3時間半と1日30分毎日でどっちが上手くなるでしょうか?  おそらく毎日コース。  これももうわかりますね。  すなわち少しでも描けば絵を描く頭、体になっていくから絵を描かない時間の物事の考え方が変わるから。  絵はそれだけ習慣のものです。  習慣化しないと上手くなりません。

そういう意味ではプロは嫌でも描かないといけない状況に置かれているので絵を描く習慣はやたらとつきます。

描く才能=意欲

絵の上手い下手は感性と思っているのは大きな間違い。  印象派推しの明治以降の美術教育の弊害そのもの。 絵はスポーツに似ている。  つまり訓練でかなり上手くなる。  才能論で言えばそこまでして描きたいかどうかの意欲、興味の話になってくる。 好きこその物の上手なれということ。

そこらへんの通行人の中にはアニメーターよりも映像記憶能力が高い人、手先が器用な人、感性が鋭い人・・・たくさんいるかもしれない。  しかし描いてない。  彼らは別に描く必要がないから今描いていない。  それは描く潜在能力は高くとも、描く才能=意欲はないからだ。


小中学校の同級生で自分より絵がうまかった子が今絵を描いているだろうか?  そのことを考えれば絵描きになるかどうかはほとんど潜在能力よりも意欲の問題であることがわかる。
逆に「描く」ことそのものが好きじゃないのにアニメが好きだからアニメーターになろうとしている人がいればちょっと待て!!と言いたい。  無論、その手の学校にアニメが好きだからだけでは絶対に行ってはいけない。 プロになれなければ良いが間違って好きでもないのにプロのなると本当に不幸。






他人に絵を見せる!!

たくさん他人に絵を見せる!!
自分のためだけに描いた絵と他人を意識した絵。  どちらがより良いものになるか?想像してみましょう。  ここら辺は絵が上手くなるための環境づくりのヒントになります。  ただの落書きも楽しいですがそれだけでは上手くなりません。 他人からの圧力が絵を上手くします。

小さいプライドにこだわっている人は上手くならない。  つまり今の下手な自分を少しでも見せたくない人。  他人見せる、他人に聞く、他人に似せる・・・など最終的に上手くなるためには手段を選ばない「大きいプライド」を持つべき。


下手な時期は自分の絵は自分が一番わからないもの。  他人に晒し、良し悪し評価を得ることで自分の絵の客観視の手がかりにする。 つまり他人を鏡にしないと自分の実像=絵は見えてこない。  これが上手くなっていくと他人よりも自分の方がわかってくる。  ここまで行けば他人からお金が取れる。

身の回りの主な道具一覧160220

イメージ
◯身の回りの主な道具一覧身の回りの主な道具一覧160220
・ライトテーブルhttp://www.amazon.co.jp/dp/B00YTP38Y2
・デスクー無印、幅150×2
・椅子ーエルゴヒューマhttp://www.amazon.co.jp/dp/B0040JGOL6
※椅子代わりに最近はバランスボールも併用
・ライトーZライトhttp://www.amazon.co.jp/dp/B00J2R2618
・パソコンーiMac
・暖房ー霧ヶ峰、かんたん床暖、無印サーキュレーター
・スピーカーBosehttp://www.amazon.co.jp/dp/B000X8C6RO
・鉛筆ーuni6B、
・シャープペンーステッドラー0.5、4B
・消しゴムー練り消し
・タップー薄いやつhttp://www.amazon.co.jp/dp/B002EL46G2
・鉛筆削りー電動の大して良くもないやつ
・撮影機材ーhttp://www.amazon.co.jp/dp/B004CVKEI6
・ウェブカメラーhttp://www.amazon.co.jp/dp/B009AJ6LVY
・スキャナーScansnap
・プリンターc301dnhttp://www.amazon.co.jp/dp/B00823S7ZW
…などです

アニメタになれるか不安問題

イメージ
http://youtu.be/F9d7s9Uj0Pg?a この話をラーメン屋に例えると分かりやすいです。 『私のラーメンは美味い自信がないですが商売にしたいんですが売れるかどうか不安ですがどうでしょうか?』 お客の立場なら不味いラーメン売らないでの一言で終わりです。 この手の質問で思うのは本人の視野の狭さ。
商売にしたいなら相手があってのこと。 自重気味に下手ですからと言いつつそれは自分基準が高すぎるプロ意識の人もいればその逆もありますが。 僕なんかにどうこう聞かなくても
どんなに下手でも需要と供給の関係で下を見ればいくらでも雇ってくれるとこもあれば精鋭揃いのスタジオもあります。 前者ならほとんど誰でもなれるし、後者なら素人時分から目立つほどでなければ入れないことは想像つくはず。 その間にはスタジオの数だけレベルごとのグラデーションがあるだけです。 アニメで食べるだけなら、社員制の下請けも数少ないですがあるし、生活水準を気にしなければなんとかなります。 一方でそれなりに活躍したいならやはり今時なら素人時分からネットで目立つほどでないと現実性は低いです。 こうやって目の前の状況を精査するとあとどこに不安があるのでしょうか? あとはやるかやらないか、やりたいかやりたくないかしかないはずです。 僕からのおすすめはやはりまわり無双の技術、やる気ならプロで。 それほどでないならあくまで趣味がいいと思います。 直感的に無理って思うことは無理ですよ。 だから無理はしない方が自他ともに幸せです。 思い込みで自分に無茶な枷をはめないことです。
だから不安がある人は諦めましょうと言ってます。


《アニメーターが知るべき法律》イベントお知らせ

《アニメーターが知るべき法律》イベントお知らせ
参加フォーム↓
https://docs.google.com/forms/d/1DMQdXzd0yBXEwz_cTNtTLJspqjRkxhZySW5gZmQCLVc/viewform?usp=send_form
◯馬場貞幸(弁護士)×室井康雄(アニメ私塾)対談
◯日時
16年2月28日(日)17:30〜19:10(開場17:15)〆切25日
◯場所
三鷹市市民協働センター
◯内容
・雇用形態、契約書の必要性、金銭交渉
・情報漏洩の責任
・コミケなど二次創作に関してのこれから
・SNS運営のポイント、注意事項
・質疑応答
◯募集人数
100名(達し次第〆切)
◯参加費
1000円
※対談内容は一部YouTubeで一般公開予定

◯交流会
ササユリカフェ@西荻窪同日20:00〜(開場19:30)〆切20日
http://sasayuricafe.com
参加費4000円、定員40名(達し次第〆切)
※フォーム記入確認メールは2/4、2/11、2/18に随時お送りします。